つらさげ芋の通販お取り寄せや販売店はどこ?作り方や糖度も紹介

つらさげ芋の通販や販売店

鹿児島県垂水市の大野原地区(通称うのばい)で栽培されている「つらさげ芋」がとっても美味しそうですね!


つらさげ芋はとにかく甘いサツマイモで、テレビなどでもたびたび取り上げられている幻の芋。

知る人ぞ知る人気商品ですが、希少なためほとんど市場には出回らないといわれています。


そんな「つらさげ芋」ですが、お取り寄せ通販や販売店がどこなのか気になるところ。

あわせて作り方や糖度、口コミなどを調査してみたのでご覧ください!

目次

つらさげ芋のお取り寄せ通販やふるさと納税


2022年つらさげ芋がお取り寄せできるオンラインショップはこちら↓

楽天市場

ふるなび

つらさげ芋糖蜜焼き芋公式ストア

つらさげの里うのばい


楽天市場は基本ふるさと納税になりますが、利用されている方はありがたいですね。



つらさげ芋の販売店

つらさげ芋を販売している場所は鹿児島県の垂水市周辺に限るようですね。

調べてみたところ、12月上旬に垂水市で行われる「うのばい いきいき祭り」で販売されているようです。


他にも販売が確認されましたので参考にしてください。


また、12月上旬から販売が解禁されますが、あっという間に完売してしまうそうなので入手が困難になっています。

つらさげ芋/生協コープ

つらさげ芋/道の駅たるみず

つらさげ芋/鹿児島県農産物直売所ふれあい市場

他に「道の駅垂水湯っ足り館」「イオンモール鹿児島」や垂水市内のスーパーでも限定販売しています。


また、つらさげ芋の開発をした「つらさげの里うのばい(鹿児島県)」でも販売などをしており、Instagramで情報発信しているので参考にしてください。




東京など鹿児島県以外での販売店を探してみましたが、やはり希少品のためほとんど出回っていないようですね。

上記のお店では毎年販売しているかは不明ですが、お近くの方は12月に入ったら足を運んでみてください。


つらさげ芋の作り方や糖度

つらさげ芋はさつまいもの収穫後、約1ヶ月のあいだ軒先で寒風にさらし熟成させているんですね。

水分が抜けるのもポイントだそうですよ。



霜が降りると腐ってしまうため小屋に移したり、逆に暖かすぎる日は扇風機で風を送ったりとっても手間暇かけて育てています。

限られた期間と量しかないため、販売しても12月いっぱいで完売してしまう幻の芋となっている。


大野原は山間部にあり標高550M。寒暖差もあり甘くておいしいサツマイモができる環境でもあるんです。



その糖度は40度を軽く超え50度にも!


つらさげ芋の口コミ・評判



つらさげ芋の通販お取り寄せや販売店はどこ?作り方や糖度も紹介:まとめ

ここまで「つらさげ芋」のお取り寄せ通販や販売店、作り方などをご紹介してきました。


販売店舗は鹿児島の垂水周辺だけのようですが、ふるさと納税でも販売しているのでチェックしてみてください!




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次