しまなみリーフの通販お取り寄せや販売店はどこ?値段やレシピもご紹介!

しまなみリーフが買えるお取り寄せ通販や販売店

広島県尾道市の因島で作られている「しまなみリーフ」がとっても美味しそうですね!


ほんのり辛味があり栄養価も高いので、今注目されている葉物野菜。

青空レストランなどテレビでもよく紹介されており、ますます人気が高まりそうです。


そんな「しまなみリーフ」ですが、どこで買えるのかお取り寄せ通販や販売店が気になるところ。

あわせて

・値段
特徴・栄養価
・販売時期
食べ方レシピ
味の口コミ

などもお届けしているのでご覧ください!

目次

しまなみリーフのお取り寄せ通販



しまなみリーフのお取り寄せ通販は「しまなみファーム(旧たからじまファーム)」の公式オンラインショップで購入できます。

生の葉っぱ以外にも

・しまなみジェノベーゼ
・しまなみリーフ餃子
・しまなみリーフソーセージ

など、魅力的な商品も販売していますよ。

2022年9月に「たからじまファーム」→「しまなみファーム」に農園名を変更しています



公式サイト以外でも大手の産地直送サイトで取り扱いがあるので覗いてみてくださいね。

食べチョク

ポケットマルシェ(ポケマル)


また、青空レストランの放送時には「日テレポシュレ」も販売する可能性があるので要チェックです。


ちなみに、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングでは取り扱いがありません

しまなみリーフの販売店・直売所

しまなみリーフは基本的に広島県因島を中心にスーパーなどで販売されています。

東京など他の地域ではなかなか手に入らなそうですね。

・Aコープみやうち
・エブリィ(駅家店、緑町店、松永店、向島店)
・JAええじゃん尾道
・SOGO広島
・とれたて元気市(広島店、となりの農家店)
・ナチュラルマーケットIKO
・フレスタ(因島店、東雲店、北吉津店、横川店、蔵王店、広店、多治米店、呉駅ビル店、津島店、牛田本町  店、上天満店)
・無印良品(広島パルコ)
・やまさきショップ神島店


だた、その年や時期によって販売していない場合もあるので、店舗に確認のうえお出かけくださいね。


しまなみリーフの値段

しまなみリーフ(生)は通販でお取り寄せすると

・公式ショップ:3袋965円
・食べチョク:6袋2,126円
・ポケマル:3袋で1,063円

1袋あたりの単価はどれも大きな差はなく、配送料はだいたい1,000円前後になっています。


また、実店舗では1袋だいたい200円~250円前後くらいで販売されていますよ。


※値段は記事公開時のものです。

しまなみリーフの旬の時期

しまなみリーフの旬の時期は冬場になります。

だいたい10月中旬~3月上旬くらいまでの販売期間となっていて、一年中食べられるわけではないんですね。

しまなみリーフの特徴や栄養価

しまなみリーフは広島県尾道市の因島でのみ栽培されている、あざみ菜と高菜を交配させたオリジナルの葉物野菜


しっかりとした茎にギザギザとした細かい葉っぱの見た目が特徴です。


生で食べるとピリッとした爽やかな辛味でシャキシャキとした食感ですが、火を通すと辛味が柔らかくなるんだそうですよすよ。

辛いといってもほんの少し感じるくらいなので、お子さんでも食べられる程度です。

農薬や化学肥料を使用していないので小さなお子さんにも安心!



栄養価も非常に高く

・食物繊維はキャベツの2.3倍
・葉酸はケールの2倍
・ビタミンCはレモンの2.5倍


などといわれています。


シャキシャキ食感や鮮やかなグリーンが1週間~2週間ほど続くのもありがたいですね。


しまなみリーフの食べ方やレシピ



しまなみリーフの食べ方・レシピはサラダにはもちろんのこと

・パスタ
・おにぎり
・酢の物
・鍋
・豚肉巻き
・チャーハン

などにもよく合います。

通販でも販売していますが「しまなみリーフ」のジェノベーゼや餃子、ソーセージも美味しそうですね。

しまなみリーフの味の口コミ・評判



一度食べたら癖になるという方も多く、とっても評判がいいですね。

生だけでなく、ソーセージやジェノベーゼなどの商品も人気があるようですよ。


しまなみリーフの通販お取り寄せや販売店はどこ?値段やレシピもご紹介!:まとめ

ここまで「しまなみリーフ」のお取り寄せ通販や販売店をご紹介してきました。


なかなか珍しい野菜で広島に行かないと買えなそうですが、お取り寄せもできるので利用してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次