ロマンスカーミュージアムの楽しみ方!見どころや体験コンテンツのご紹介

神奈川県の海老名市にある「ロマンスカーミュージアム」のご紹介!

「子ども」も「大人」も楽しめる鉄道ミュージアムとして、鉄道好きな方もそうでない方も楽しめると評判です。

でも、実際どのようなスポットなんだろう?と気になるところですよね?


そこでロマンスカーミュージアムの楽しみ方・見どころを詳しくご紹介していきます。

目次

ロマンスカーミュージアムの概要

まず簡単に概要を説明しておきますね。


場所は小田急線「海老名駅」を出てすぐ横にあります。
入場料は大人(中学生以)900円、子供(小学生)400円、幼児(3歳以上)100円、3歳未満は無料。


ただし、入館するには公式サイトから予約をしておかなければなりませんのでご注意ください。

ロマンスカーミュージアムの混雑や待ち時間は?予約しないと入場できない?


営業時間は10:00~18:00ですが、最終入館時間は17:30なのでお間違いなく。定休日は第2・第4火曜日です。

駐車場はないので周辺の施設に停めるしかありません。
ロマンスカーミュージアムに駐車場はない?周辺の近くて安いおすすめ場所もご紹介!

ロマンスカーミュージアムのエリア

ロマンスカーミュージアムは4つのゾーンで構成されています。

・ヒストリーシアター1階
・ロマンスカーギャラリー1階
・ジオラマパーク
・キッズロマンスカーパーク

また、カフェやグッズショップも併設しているんですね。


では、それぞれ説明していきます。

ヒストリーシアター

小田急線開業当時の車両である「モハ1」が展示されていて歴史を感じることができます。


小田急線の一番最初の車両で100年近く前のものなので、とても感慨深く見れると思いますよ。

【楽しみ方】

車両を見るだけではなく、小田急電鉄とロマンスカーの軌跡をたどるムービーを見ることができます。

ロマンスカーギャラリー

時代を超えて愛される歴代ロマンスカーが勢ぞろいするギャラリーです。

これまで引退した5車種のロマンスカーが初めて常設展示されているんですね。


【展示車両】

SE(3000形)
NSE(3100形)
LSE(7000形)
HiSE(10000形)
RSE(20000形)

【楽しみ方】

車庫のなかを探検しているような雰囲気で、間近でロマンスカーを眺めたり個性豊かな車両を見学できます。

また一部車両は内部にも入ることができるんです。

ジオラマパーク

新宿から⼩⽥原・箱根まで⼩⽥原線沿線を再現した国内最⼤級の鉄道ジオラマ

都市・山・海など様々な沿線の魅力が”ぎゅっと”詰まった風景のなかを、10車種のロマンスカーと5車種の通勤車両が駆け抜けます。

懐かしの引退済み車両から最新の現役車両まで小田急の歴代車両が勢ぞろいした光景は感動です!

【楽しみ方】

ジオラマを一望できるテラスでゆっくりくつろぎながら、小田急線沿線の魅力が堪能できる。

ジオラマショーがあり新宿から小田原・箱根へ走るロマンスカーを、こだわりの「プロジェクションマッピング」と「オリジナルソング」で演出。



ジオラマ運転体験

ジオラマパークにはジオラマ内を走る模型車両・ロマンスカー・GSE(70000形)と江ノ電(500形)を運転できる体験型コンテンツがあります。

こちらは有料

料金100円/3分間
参加方法当日受付
※混雑時には整理券を配布する場合があります。

キッズロマンスカーパーク

ロマンスカーをテーマにした、子どものための空間です。

木でできたロマンスカーのなかはワクワクする遊びがたくさんちりばめられ、子供たちは大はしゃぎすること間違いなし!


小さなお子さんは見学するだけでは飽きてしまう場合もあるので助かる施設ですね。

【楽しみ方】

パークの真ん中には、かみでできたちいさな街が広がり、⼯作した⾃分だけのペーパークラフトを⾛らせることができます(詳細は後ほど)

また、感覚的に楽しめるインタラクティブアートや、ロマンスカーシミュレーターなども楽しめる。



具体的な遊び場は

・2かいのうんてんせき /てんぼうせき
ロマンスカーの特徴である2階の運転席と展望席を模した遊び場

・のぼってあそぼう
ロマンスカーのかたちをしたアスレチック

・はしるきっさしつのおべんとう
ロマンスカーのお弁当をつくるごっこ遊びができる喫茶室

・あかちゃんゆうせんせき
乳幼児のためのリラックススペース

こちらのエリアの対象年齢は3歳以上⼩学⽣以下となります。(あかちゃんゆうせんせきを除く)



また、キッズロマンスカーパークでは、体験型のコンテンツもありますのでご紹介しますね(一部有料)

こうさくしつ

自分だけの「ロマンスカー」と「お家」のペーパークラフトをつくり、紙でできた小さな街のなかを走らせることができます。

※こちらは有料で対象年齢は3歳以上、小学生未満は保護者の同伴が必須

料金500円/1回
参加方法当日受付
※混雑時には整理券を配布する場合あり

ロマンスカーシミュレーター “LSE(7000形)” 

引退した実際の車両の運転台を活用して作られた、ロマンスカー・LSE(7000形)の運転シミュレーターです。

リアルな操作感と2階の運転席からの風景は大人も子供も夢中になりそうですね。

※こちらは有料

料金500円/1回
参加方法当日抽選制
※入館時に抽選

インタラクティブアート “電車とつくるまち”

⼩⽥急電鉄による街づくりを遊びながら学ぶことができます。

壁に手をかざすと「線路が通る」→「電車が走る」→「たくさんの街が生まれる」流れを体験できるんですね。


こちらの記事ではより多くの画像が見れるので参考になりますよ
ロマンスカーミュージアムの口コミ評判/大人も楽しめるのか画像付きでご紹介!

ロマンスカーミュージアムその他の施設

ここからは食事やお土産コーナーのご紹介です。

ミュージアムクラブハウス

特別感を味わえるプレミアムな「ホットドック」や「クラフトビール」など、沿線食材を取り入れたメニューがポイントのカフェ。


また、ロマンスカーの特徴のひとつでもあるシートサービス「走る喫茶室」の当時のメニューを再現した

・クールケーキ
・日東紅茶のセット

など、ロマンスカーミュージアムならではのオリジナルメニューも楽しめるんですね。

ミュージアムの入館者だけではなく、外からも利用することができる

ミュージアムショップTRAINS

小田急電鉄の公式グッズショップである”TRAINS”がロマンスカーミュージアムに出店!

模型やおもちゃ・雑貨など小田急電鉄やロマンスカーの人気グッズのほか、ロマンスカーミュージアム限定のグッズも販売しています。

鉄道好きにはたまらないショップで、これ目当てに来館される方もいるんではないでしょうか?

ロマンスカーミュージアムの入館者のみ利用ができる



ロマンスカーミュージアム限定グッズの詳細はこちら!
【ロマンスカーミュージアム】グッズの通販や種類/販売してる他の場所もご紹介

ロマンスカーミュージアムの楽しみ方!見どころや体験コンテンツのご紹介

ここまで「ロマンスカーミュージアム」の楽しみ方をご紹介してきました。

・実物の歴代ロマンスカーで迫力や歴史を感じ
・精巧なジオラマで感動し
・動かす作る楽しさを味わい
・最後にお土産を買ってカフェで休む

こんな感じで子供も大人も楽し楽しんでみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる