【アド街ック天国】葛飾水元公園のアクセスや駐車場/見どころも季節ごとに紹介!

アド街ック天国でも放映された葛飾区にある水元公園のご紹介です。

広大な園内にはポプラ並木やメタセコイアの森があり、花菖蒲、スイレンなどの水生植物が多くみられます。


春には桜、初夏には菖蒲、秋には紅葉など季節ごとに様々な顔を覗かせてくれる憩いの公園なんですね。


今回はそんな水元公園のアクセスや見どころをお伝えしていきます。

目次

葛飾水元公園の見どころ

ディズニーランドの約2倍の広さを誇る水元公園ですが、どの様な感じなのか見ていきましょう。

広大な敷地では草地の中央広場では寝転がったり運動したり、のんびりと過ごすにはもってこいの場所です。

バーベキュー広場もありますよ。

自然の景観に近い水辺ではカワセミなど貴重な鳥たちに出会うことも少なくありません。

春には桜が咲き誇ります。きれいなピンク色ですよね。

都内最大の1万4千株、約100品種20万本の花菖蒲が見られます。見頃は6月上旬~下旬でお祭りも開催されますよ。

まるで欧米に居るような感覚にさせてくれるチューリップも見事ですね。

10月ころには赤や白色の彼岸花。

秋から初冬にかけては幻想的なメタセコイアが見られます。

葛飾水元公園のアクセス

住所は「葛飾区水元公園3-2」

JR常磐線・東京メトロ千代田線「金町駅」から京成バスに乗り「水元公園」で下車(徒歩7分)

入園料は無料で24時間開園しています



駅からバスなので少し離れていますが、このくらいの方が都会の喧騒から離れてリラックスできますよね。

葛飾水元公園の駐車場

駐車場は24時間OKで311台のスペースがありますが有料になります。

1時間200円で以後30分毎に100円となり、最大料金は800円(12時間)です。

交通系電子マネー及びICクレジットでの精算も可能ですが、お札は千円札しか利用できないので注意してくださいね。

【アド街ック天国】葛飾水元公園のアクセスや駐車場/見どころも季節ごとに紹介!:まとめ

ここまで葛飾区にある水元公園のアクセスや見どころをご紹介してきました。

緊急事態宣言などの影響で閉園したり、一部施設が利用できなくなったりするのでお出かけの際は確認してから行ってくださいね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる